メニエール病とは何か|難聴になる可能性も

メニエール病

患者

メニエール病とは、ストレスなどが原因でめまいや吐き気を繰り返す病気です。完治は難しいメニエール病ですが、早期発見すれば完治することも多く、また、医療の進歩により治る病気にもなってきています。自分なりのストレス解消方法を見つけ、異常があればすぐに病院を受診することが大切です。

詳しく見る

めまいの病気とは

女の人

難病に指定されている病気

メニエール病とは、若い人に発症しやすい病気で、難病に指定されている病気です。しかし、命に関わるようなものではなく、早期発見すれば病状も改善することが多く進行も止めることができる病気です。メニエール病が難病とされているのは、発症のメカニズムが解明されていないからです。ある日突然、激しいめまいに襲われ、それまでの作業をすることが困難になります。周りのものがぐるぐると回って見え立っていることができなくなります。普通のめまいや立ちくらみならほんの一瞬で発作は治まりますが、長い時は1時間以上も続くことがあるのです。症状によっては、数分で終わることもありますが、この発作がいつ起こるかわからないのもこの病気の特徴です。

めまいの原因とは

メニエール病とは、環境の変化や会社、学校、家庭などの様々なストレスが引き金になって起こると考えられています。若い人にこの病気が多いのは、精神的に未熟なためにストレスに対する抵抗力が弱いせいだという説もあります。しかしメニエール病とは、発症の原因は究明されていませんがその症状が内耳のトラブルで起こることはわかっています。内耳のリンパ液が何らかの原因で増えて水腫になってしまうのです。そのため、難聴などの症状も起こり、病気が進行すると耳が聞こえなくなってしまうこともあります。メニエール病の難聴は独特なので、聴力の検査で病気を発見することができます。メニエール病とは解明されていないことが多い病気ですが、発症しても病院で適切な治療を受ければ症状は落ち着いてきます。

繰り返すめまいの病気

レディー

メニエール病は激しいめまいが発症する病気として有名ですが、内耳のリンパ液が過剰になっている状態が原因です。もっともどうしてそうなるのかといった詳しいメカニズムは解明されていませんが、ストレスが何等かの影響をもたらしていると考えられています。

詳しく見る

過剰な内リンパ液

女性

メニエール病の原因はストレスや過労による、内耳を満たす内リンパ液の異常だと考えられています。過剰な内リンパ液による内耳への圧迫で、回転性のめまいなどの症状があらわれるのです。また似た症状を呈する病は他にもあり、例えば良性発作性頭位めまい症は剥がれた耳石が三半規管に入り込むことにより発症します。

詳しく見る